ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

悪い運気を断ち切る方法とは?断ち切った後におすすめのことも紹介

おはようございます。

ちょろです。

 

「ちぇ!ツイてねー。」

 

人生には、こんなシーンが続出します。

そんなあなたは「悪い運気」が漂っているのかもしれません。

 

そしてあなたは、そんな悪い運気を断ち切りたくてこの記事に来ているはずです。

 

 

そこで今回は「悪い運気を断ち切る方法」と、断ち切った後にして欲しいことをまとめてみました。

 

あなたが意識を変え、行動を変えるだけで、悪い運気は一気に断ち切れます。

誰でも出来る簡単な方法を抜粋したので、最後まで読んで「運がいい」人生に変えてしまいましょう。

 

運気はあるのか?

結論からいうと「運気」はあります。

 

人間は全ての物事を、0から100まで自分で決めることは出来ません。

目指したゴールに近づくことは出来ますが、その行程は決められないのです。

 

そんな「思い通りにいかない」という時に出てくるのが運気です。

 

 

思い通りにはいかなくても、ゴールに近づいていけば「運気がいい」と言えますね。

 

逆に言えば、運気が良ければ「どんどんゴールに近づいている」ということ。

だからこそ、「悪い運気」は断ち切らなければいけません。

 

 

悪い運気を断ち切ることで、あなたの願望、ゴールはどんどん近づくからです。

 

では、どうやって悪い運気を断ち切るのか?その方法を、次項でまとめてみました。

 

悪い運気を断ち切る方法

スピリチュアル的に見て、悪い運気を断ち切る方法は以下の4つの方法です。

 

・整理整頓をする

 

・瞑想を継続する

 

・朝日を浴びる

 

・60点でもよしとする

 

 

それぞれの方法を、詳しく解説しましょう。

 

方法①整理整頓をする

悪い運気を断ち切る方法の1つ目は「整理整頓をすること」です。

 

断捨離をすると、運気が良くなるといいますが、これに該当しますね。

 

 

整理整頓とは、「不要なものを捨てて、必要なものを整頓すること」です。

不要なものを捨てるだけで、目の前に広がる世界は変わりますし、あなたの周りのエネルギーも循環しやすくなります。

 

なにより物が減るので「脳が大切なことに気が付きやすくなる」のです。

 

今まで気が付けていなかった、目の前で起こる幸せなことに急に気が付けるようになるはずです。

 

 

整理整頓であれば、時間さえあれば「タダ」で出来るので、めちゃくちゃおすすめ。

 

家の中や職場の「運気を上げて」ゴールや願望を手繰り寄せていきましょう。

 

方法②瞑想を継続する

悪い運気を断ち切る方法の2つ目は「瞑想を継続すること」です。

 

瞑想を継続すると、潜在意識がこの世界のエネルギーの塊「アカシックレコード」にアクセスしやすくなります。

 

この世界は「今」の連続で成り立っていますが、その「今」を決め続けているのが、アカシックレコードなのです。

 

つまり「最善の今」に軌道修正しやすくする行動が「瞑想」です。

 

 

思い通りにはなっていないかもしれませんが、瞑想をすると「間違いない方向」に進められます。

 

僕も毎日瞑想を5分から15分はしていますが、先日からブログ収入が400%で推移しています。

 

 

悪い運気を断ち切るだけではなく、「現金収入も上がった」という実体験です。

しかも瞑想と言うのは「瞑想って効果あるよね」と信じ込んでやった方が、効果が高いとされています。

 

瞑想を継続するだけで、幸せを感じやすい脳に成長できるのでかなりおすすめです。

 

方法③朝日を浴びる

悪い運気を断ち切る方法の3つ目は「朝日を浴びること」です。

 

人間の昼間のパフォーマンスを決めるのは「覚醒時」ですね。

覚醒時にどれだけ「効果的な行動を起こせるか」で、運気も収入も変わります。

 

幸せなことに気が付けて、チャンスを手に入れて、そこにフォーカスして行動する。

だから「いい運気」になるのです。

 

 

では「良い覚醒時間」を手に入れるには、どうすればいいのか?

 

答えは、良質な睡眠をとることです。

 

 

そして、午前9時までの朝日を15分程度浴びるだけで、僕達の脳は「バシッと」覚醒します。

セロトニンがしっかり出るので、夜になると眠たくなるホルモン「メラトニン」がドバっと出るのです。

 

朝日をきちんと浴びるから、よく眠れるようになって、良い覚醒を得られるから、悪い運気が断ち切られる。

 

こんな流れです。

 

方法④60点でもよしとする

悪い運気を断ち切る方法の4つ目は「60点でもよしとすること」です。

 

僕達は、周りと比べて自分を認識しているので、どうしても100点を目指してしまいます。

 

 

極端に言うと「100点でないと生きてる価値すらない」と思ってしまうのです。

 

でも、ずっと100点でいることなど不可能です。

しかも、全ての物事を100点でやり続けている人など、この世にいないでしょう。

 

だから「まあ、60点くらいだけど、今日はこれでいいか」と諦めるのも重要です。

 

明日また頑張って70点にすればいいし、明後日で75点にすればいいだけ。

 

今までの自分と比べて切磋琢磨することで、脳を正しく成長させれば、悪い運気は断ち切れるでしょう。

 

 

運がいいことがどんどん起こります。

 

悪い運気を断ち切った後にすること

悪い運気は上記の方法で断ち切れます。

ここからは、悪い運気を断ち切った後に是非ともしてもらいたいことを、まとめていきます。

 

・感謝の言葉を増やす

 

・有酸素運動をする

 

・大自然に旅行に行く

 

 

この3つを断ち切った後にしましょう。それぞれ、具体的に解説しておきます。

 

①感謝の言葉を増やす

悪い運気を断ち切った後には「感謝の言葉」を増やしましょう。

 

感謝の言葉を意識して増やすと、脳が幸せを感じやすい脳に変化します。

 

 

いい運気がやってくるときに、「あ!チャンスがある!!」と気が付きやすくなるのです。

 

悪い運気を断ち切っただけではダメで、チャンスに気が付いて「いい運気を手繰り寄せる」のが重要です。

 

 

感謝の言葉は誰でも出来ますが「信じてやるかやらないかは」あなた次第。

僕はやりまくっているので、なぜかブログの収益が上がっているのですね。

 

②有酸素運動をする

悪い運気を断ち切った後には「有酸素運動」をしてください。

 

有酸素運動は、週に150分程度が最低ラインです。

 

意識してウォーキングをしたり、通勤通学で歩く距離を延ばすだけでも効果的です。

 

 

有酸素運動をすると、リズミカルな刺激が脳に伝わり、セロトニンやドーパミンなどの幸せホルモンが出やすくなります。

 

幸せホルモンの効果で、「新しいチャンス」にも気が付きやすくなるのです。

 

いきなり、スポーツを始めたりする必要はありません。

毎日「歩く量を増やすだけ」で完璧です。

 

悪い運気を断ち切った後に、いい運気を手繰り寄せ、良い流れに乗れるようになるでしょう。

 

③大自然に旅行に行く

悪い運気を断ち切った後には「大自然に旅行」に行きましょう。

 

大自然に旅行に行き、大自然に身を浸すだけで僕達の潜在意識が変化しやすくなります。

 

簡単に言うと、目の前に広がっている世界を別の角度で見やすくなるという事です。

 

 

潜在意識が変わるので、世界が変わる。

世界が変わるので、今まで気が付けなかったチャンスに気が付けるようになる。

 

そして「いい運気の流れに乗れる」ようになるのです。

 

もちろん、大自然を感じることで脳は「いい方向に」成長します。

潜在意識もアカシックレコードに繋がりやすくなります。

 

大自然に身を浸すのは、こんなにもいいことだったのですね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「悪い運気を断ち切る方法」を詳しく解説してきました。

 

ここまで読んで頂いたあなたは、間違いなく悪い運気が断ち切れそうになっています。

早速行動を変化させて、いい運気を手繰り寄せちゃいましょう。

 

運が良くなる予感がします。

 

【スポンサーリンク】