ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

自分が本当にしたいことを知ってワクワクすることが大切だという理由

おはようございます。

ちょろです。

 

くっそ寒い3月15日。3月も折り返し地点をすぎております。

 

毎日、僕の雑記ブログを読んでくださる皆さん。マジ感謝です。ほんまに今度はプチ旅行に行ったりして変化のある記事にしていきますので乞うご期待ください。

 

今回は「本当に自分がしたいことを知ることが大切」だという記事を書いていきます。

 

今、自分がしたいことが分からないあなた。

 

本当にあなたはしたいことが分からないのでしょうか?

 

結論から言うと

 

本当はみんな毎日したいことをワクワクしながら生きている

 

ということです。世の中でしている全ての物事は「あなたがしたいこと」だったのです。実は僕達は毎日ワクワクしながら生きているのです。

ではその理由を具体的に書いていきます。

 

 

お金は大切でお金があるとしたいことが出来るのか?

f:id:choro0164:20190315070536j:plain

お金は大切です。お金自体に価値は無いですが、現代社会を生きていく上でお金は必ず必要です。これは事実。

 

自分がやりたいことを沢山増やしていくのもお金です。お金が沢山あればあるほど自分のしたいことが沢山出来るようになります。

 

お金で自分の時間を買うことも出来ます。本当は自分がやらなければいけないことを人にやってもらうことも出来るということです。

 

そのうち、自分の睡眠時間をも買える時代が来るのかもしれません。(予測)

 

全世界共通商品券ですから、誰に見せてもその価値は通用します。

だからこそ「怖い」ものです。

 

先日、ピエール瀧さんがコカインの使用で捕まってしまいました。

もし、瀧さんがお金持ちでなければ捕まることは無かったでしょう。

 

物凄い額のお金を稼いでいらっしゃったから、お金を求めてやってきた悪い輩に騙されて麻薬という罠にはまって抜け出せなくなった。

こう考えるのが自然です。

 

みんなそれだけ「本気でお金を手に入れよう」としています。

どんな手を使ってでもお金を手に入れようとしています。

 

こんなブログを書いてる僕でももっとお金欲しいですw

 

しかも。お金を一度沢山手にしてしまったら次にやってくる感情は

「このお金がどんどん減っていったらどうしよう」

という恐怖の感情ではないでしょうか?

 

収入を維持するために自分を責めて責めて、肉体と精神を追い込んでしまう。

恐怖から逃れるために頑張る。

 

そこを見逃さないのが「悪い輩」です。本当にお金に対して貪欲ですね。

 

お金があるのは重要ですが、「したいことをしてワクワクする為」に決してお金だけが必要であるというのは間違えています。

 

したいことがあってもお金が無ければ死んでしまうのか?

f:id:choro0164:20190917085652j:plain

 

では、本当にお金が無いと生きていけないのか??

 

したいことがあっても生きていけなくなるのか?

 

いや。日本にいる限りそんなことはありません。

日本には「生活保護法」なる法律が存在し、僕達には「健康で文化的な生活水準を維持する権利」があります。

 

そう。例え病気になって働けなくなっても餓死はしません。(きちんと申請さえすれば)

生活保護の申請はなかなか通らなくなっているようですが、身内が誰もい無くなれば国は助けてくれるのです。

 

本当に何とかなるのです。今の生活水準と同じではないかもしれませんが、いきなり殺されたりすることはありません。

 

本当に有難い国です。住みやすい国です。

 

したいことがあって「ワクワク」し続けている限りお金が無くても死にはしないのです。

もし、本気でお金が無くなったのであれば自治体に相談しましょう。

 

本当にしたいこととはなにか?

f:id:choro0164:20190830072736j:plain

あなたが本当に人生でしたいことはなんなのでしょうか?

旅行?恋?ビジネス?

 

僕は「今食べたい物を食べたり、飲んだり、寝たり、起きたり」全部があなたがしたいことだと思っています。

 

お金は何のために存在しているのか??

お金が人類が生まれてすぐにあったわけではありません。

 

初めは個人で狩りをして生活していたでしょう。

そのうちにコミュニティが出来て物と物を交換したり、物とサービスを交換したりしていたのかもしれません。

 

でも、交換の際に物同士や提供しようとしているサービスがマッチングしないとなかなか平等な交換になりません。

 

そこで、お金というものを仲買にして同じ価値で交換できるようにしていったわけです。

お金を考えた人頭いいですわ。

 

だから、お金があればこの世のほぼ全ての物が買えます。

「愛はお金では買えない」という考え方もありますが、、「表面的な愛情」ならお金でも買えるかもしれませんね。

 

それだけ、魔力があるのがお金です。

全世界で共通した平等な力を持っているからこそその魔力は偉大なわけです。

 

 

手にした人を悪魔にも天使にも変えてしまいます。

前述しましたピエール瀧さんは本当はすごく真面目な方だったのかもしれません。

 

でも、彼も悪魔にそそのかされて今の生活を失ってしまいました。

きっと、物凄いプレッシャーと戦っていらっしゃったのでしょう。

 

でも、そこを上手く利用して瀧さんのお金を狙ってくる奴は世の中に星の数ほどいます。ひょっとしたら僕もそうかもしれません。

 

だから、悪魔に身を売ってしまわないように法律というものがあって人を守ってくれているのです。時に煩わしく感じる法律ですが、人間の事をよく考えて作ってあります。人間は本当に賢い。

 

結局。お金が減っていって、今の自分の名声や財産が全くなくなってしまうことが怖いのです。別に無くても「健康で文化的な生活」は日本が保証してくれているのにも関わらず、過去の栄光にすがってしまうのが人間です。

 

本当に今の自分の体を壊してまで「お金」を守るべきなのでしょうか??

今の生活にそこまで固執しなければいけないのでしょうか??

そこまでして悪の力を借りないと自分のやりたいことは出来ないのでしょうか??

 

瀧さんのように結局最後に捕まってしまって本当にやりたかったことが出来なくなってしまっては元も子もないように思います。

 

自分が今本当に何をしたいのか??それはひょっとしたらお金が無くても始められることかもしれませんね。確かにお金があると出来ることの選択肢は増えるかもしれませんが、無くても始められるならそのほうがいいのかもしれません。

 

毎日ワクワク変化する中でしたいことも変わる

f:id:choro0164:20190807075109j:plain

僕達にとって一番怖い事。それは「この先どうなるのか分からない恐怖」です。

みんなそこに安心感を得るためにお金を貯めようとします。

がむしゃらに溜めます。

 

毎日は常に変化し続けています。

そのなかでお金を手にして安心を得ようとしても「どこまで行っても安心は得られません」お金で安心は得られないのです。

 

 

本当は自分のやりたいことの幅を広げるためのお金だったのにいつの間にか「お金を貯めることが目的」になってしまいがちです。

お金があれば安心感が得られます。

 

でも、お金の価値がどんどんどんどん急落していったら、、、、1年後に紙切れになってしまったら、、、

お金が無くても毎日笑顔で楽しそうに生きてる人を見たら、、、

 

自分が必死になってやりたいこともぜーーんぶ我慢してお金を稼いで、気が付いたら病気になっていたら、、、

 

家族を養うために身を削って我慢して苦労して、、心と体を酷使して、、なんとか家長としての責任を果たそうとしていたけど、病気になってしまったら、、、

 

未来の事は誰にも分かりません。

そして、思い通りにコントロールする力も僕達にはありません。

変えられるのは、「今の自分」だけです。

 

今あなたがワクワクして自分がしたいこと

 

それがあなたが本当にしたいことです。

未来のしたい事を想像しても意味がありません。

目の前のしたいことをこなしていくことが重要です。

 

 

未来の為にお金をためてもそれが「楽しい事」なのかどうかは分かりません。

もちろんお金を貯めることが「幸せな未来」になるかもしれませんし、「お金を貯め過ぎてしまったから騙される」という悲しい未来になるのかもしれません。

 

お金のあるなしに関わらず。「今自分が何をしたくて、何をすべきなのか?」を毎日真剣に考える必要があるのかもしれませんね。

 

人生を真剣に楽しむってことは正にそういうことなんだと思います。

 

人生を楽しむってことは変化を受け入れて自分でワクワクし続ける事です。

それが本当にしたいことです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は自分が本当にしたいことを知る事と「ワクワクすること」の大切さを記事にしてきました。

 

あなたは間違いなく今の時点で「したいことをして」います。このブログをここまで読むことを決めたのは間違いなくあなたです。

 

ワクワクするというのはそういう事の積み上げの事なのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】