ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

吉田松陰先生、高杉晋作集う、歴史の街萩へ!(その2)

おはようございます。

ちょろです。

 

行ってきました萩!明治維新の街萩です。

街全体が「世界遺産」に登録されているので「世界遺産」看板があちらこちらにあります。現代日本の基礎は山口県から始まったのだ!!

 

さて、今回の旅で運命的な出会いを起こし、スピリチュアルな波動の共鳴を感じずにはいられませんでした。その場所からスタートです。

 

定番、柚子蜜ソフトが食べれる「柚子屋さん」へ

その1で「風穴」をご紹介しましたが、その風穴からさらに山道を歩く事5分。

目の前現れたのは「道の駅?」のような建物です。

看板には「YUZUYA」の文字が。

 

f:id:choro0164:20190505062852j:plain

「柚子屋本店さん」です。

もはや萩で一押しのスイーツと言えば、こちらのソフトクリームなのです!

ここの柚子蜜ソフトは格別です。

ちょっとあっさりめのソフトクリームにたっぷりとかかった「柚子蜜」。

 

f:id:choro0164:20190505063411j:plain

これですよこれ!!

ちょっと気温も上がって来てるので、早く食べないと溶けてしまいます!

急いで口の中へ「投入!」

この繊細なあっさりソフトクリームと蜜の絡み具合が最高です。

ソフトクリームと柚子蜜を上手く一緒に頂くのであります!!

柚子蜜から放たれる「柚子の香り」が尋常ではありません。

例えると「物凄く香りが高い柚子のマーマレードのような味」かな??

 

そして、今回から新登場。

夏みかんソフトクリームもいただきました!!

 

f:id:choro0164:20190505063633j:plain

こちらは、夏みかんがクリームに練り込まれているようです。

さらにすっきりとした味わいで、こちらもおすすめです。

甘いものが苦手な方はこちらがいいかもしれませんね。

スプーンですくって食べるくらいに「ちょっと固め」な印象です。

 

萩のスイーツグルメと言えば、「柚子屋本店さん」を外してはいけません。是非ご来店ください。

 

e-yuzuya.jp

 

 

こちらの「柚子屋さん」では塩などの調味料も置いていらっしゃって、この柚子胡椒を買いました。

f:id:choro0164:20190505074216j:plain

645円とまあまあなお値段ですが、

「買ってよかった!美味い!」

昨晩、豚バラの塩焼きに着けて食べましたが「柚子の香り」がめっちゃ高くて、至高の味でした!買ってよかった!!

塩焼き鳥に着けて食べても美味しそうですね。

 

スピリチュアルな波動を感じずにはいられない

この場所。柚子屋さんで出会います。ある前職のお客様。もう半年くらいお会いしてなかったかなー?お住まいはこの萩から150キロ位は離れていらっしゃると思うんだけど、、こんな遠く離れたところでお会いしてしまいました。

40代くらいのご夫婦です。

「え??えーーー??」なぜこんなところにいらっしゃるんですか??

目が合った瞬間に二人ともビックリです。

 

実は、今回の旅の出発。予定より1時間程度遅れていたのです。

「車の中で聞くCDを借りていこう!」とレンタルCD屋さんに寄って、CDを吟味していたら、あっという間に1時間たってしまいました。結構、時間かけてしまったな、、、

で、結局、借りたCDが「欅坂46」ですよ。「アイドルかよ!!」という突っ込みはしないでください。w

 

 

 「欅」を聞きながらるんるんで訪れた萩でまさか出会うとは思っていませんでした。

しかもピンポイントでこんな場所で。

出発が定刻通りの1時間早ければ間違いなく出会っていません。

そして、僕は思い付きでここに来たのです。

「初めは柚子蜜ソフトを食べようかなー。」なんて思いつきです。

その1の明神池でもっと時間を使っていれば出会えませんでした。

まさにスピリチュアル。

 

互いの波動が同じ波長の人と出会います。

必要としている人が目の前に現れる。(目の前に存在しているように自分の意識が世界を変えているということ)

 

「これは、何かの縁があるなー」と感慨深く思っていたのです。

理屈では説明できないことがこの世界では起こり続けます。

理屈で説明できない不思議なことで本当は世界は決められているのかもしれません。

 

松陰神社でお参り

次は吉田松陰先生を祭った神社へ向かいます

1907年(明治40年)に建立された「松陰神社」です。

 

f:id:choro0164:20190505070054j:plain

令和元年3日目ということもあり、普段よりすごい人です。

観光バスも沢山集まってきていました。(こんなに人が多いところを見たのは初めて)

 

30歳の若さでこの世を去った「吉田松陰先生」

その「松下村塾」があるのがこの「松陰神社」です。

※この日は人が多すぎて松下村塾の写真撮影は断念しました。。

 

f:id:choro0164:20190505071429j:plain

こんなところです。

 

f:id:choro0164:20190505071513j:plain

伊藤博文の旧宅もあります。

f:id:choro0164:20190505071629j:plain

伊藤博文はこんな人だったようです。

ちなみに、伊藤博文は高杉晋作のお弟子さん。

いつも高杉晋作と行動を共にしていらっしゃいました。

※高杉晋作も27歳で死去。みんな太くて短い人生ばかり。。(すぐに殺されてしまう時代でした)

 

暑くなってきたので木陰で一休み。

f:id:choro0164:20190505074928j:plain

 

明治維新の立役者「高杉晋作」や初代総理大臣「伊藤博文」などそうそうたる顔ぶれの門下生がいます。

松下村塾で門下生の指導をしていた期間は短いようです。しかし、若き吉田松陰先生は日本国中を飛び回って遊学し、見聞を広げ、それを伝えることで日本は急速に現代社会に向かって進んでいったのです。

 

今、日本は「令和」に突入しました。

高齢化社会はどんどんすすみ、子供の数も減っています。人口はどんどん減っていっています。社会の変革期に差し掛かっていることは間違いないでしょう。

今まで通りのやり方をしていたのでは経済の復調はありません。

より、効率的に仕事をして、人間らしく生きれる日本。に変えていかなければ、

「若者が減る」「消費が減る」「人口が減る」

元気のない日本になってしまいます。

 

実は僕がこのスピリチュアルブログを書くのも「若者にもっと未来を感じて元気になって欲しい、そして、日本や世界がもっと幸せな存在」にしたい。という想いで書いています。

まさに、この「令和」時代の変革期に人々がどう考えどう行動するかで未来はどんどん変わって来るのではないでしょうか?

今までの様に物もサービスも売れません。

デフレで物価も下がって給与も上がりません。

 

人は意識で存在しています。感情で幸せを感じたり不幸せを感じたりします。

人の感情一つで幸せな未来になるか不幸せな未来になるかが決まります。

「一人でも多くの方に幸せを感じて欲しい。」そんな想いで日々執筆しているわけです。

 

萩焼まつりへ

話は戻ります。この日はゴールデンウィーク。6日まで開催の「萩焼まつり」に行きました。そこで買ったのがこちら。

 

f:id:choro0164:20190505074058j:plain

ブルーの独特な色と、器の質感。奇麗な光沢に一目ぼれ。

1800円で購入いたしました。

店員のおばあちゃんがめっちゃ勧めてくるしww商売上手なおばあちゃんにやられましたww

 

この萩焼祭り。特に行く予定はありませんでした。実は僕が道を間違えて入ったのが萩焼祭りの会場の駐車場だったのです!!!

 

そしてここでも、先程のお客様と運命的な再会!!

どれだけ、波動が合っているのでしょうか。このお皿にも出会わせてくれて、偶然の一言では片づけられないスピリチュアルな体験を致しました。

 

波動を日々高める為に毎日を楽しんでいく。そうするともっと多くの運命的な出会いを起こせそうな気がします。

 

世界は幸せな場所

この世がどんな場所かを決めるのは自分自身です。

自分が幸せだと思えば幸せだし、不幸だと思えば不幸です。

自分が変われば世界は変わる。自分が変わればスピリチュアルな波動は変わって出会う人や物を変えてくれます。

 

吉田松陰先生や高杉晋作、伊藤博文も同じ波動で共鳴し合って必然的に出会って明治維新を起こしたのかもしれませんね。

この世は「偶然」の一言では説明できない事ばかりです。

今日もスピリチュアルな一日をお過ごしください。

 

 

萩旅行記その1はこちらをご覧ください。

 

www.choro0164-iyashibeya.site

 では、また明日お会いしましょう。ありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】