ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

コロナによる悪い思い込みは捨てるべき理由【イメージが重要】

おはようございます。

ちょろです。

 

今日もコロナコロナで、世界中が大パニック状態。

中小零細企業は、どんどん廃業をされるお店が増えています。

 

うちの近くのショッピングセンターでも、老舗の洋服屋さんが廃業を決められました。

確かに、日本政府の「密」政策で、感染者数にある一定の抑え込みは出来ていますが、今度は「じゃあ、いつから経済活動をしたらいいのさ?」ということになってきています。

 

 

専門家の先生の意見は様々ですが、「1年半~2年程度は自粛生活」だろうという意見が多そうです。

そんな長期間、お金の流れを止めることは出来ないので、「どこかのタイミング」で自粛を緩和していかなければいけない。

 

でも、「それっていつ?」ということになります。

 

今回の記事で僕が言いたいことは、、まずは「思い込み」を修正しませんか?

ということです。

 

結論を先に書いておきましょう。

 

自粛生活は確かに必要だけど、「幸せで安心な未来」を思い込むことが重要

 

だということです。

お金の流れを産み出すのは、あなたの気分ということ。

気分が前を向けば、確実に幸せな未来はやってきます。

 

国内の死亡者数はそんなに高くない【悪い思い込みの理由】

f:id:choro0164:20200421100451j:plain

まず、毎日「これでもかーーー。」と報道される、マスメディアの情報。

 

確かに「真実」を報道はしています。

しかし、「希望」の部分には確実に蓋をしているようにも見えるのです。

 

上記の表は「過去3か月間の死者数をグラフにしたもの」です。

圧倒的に「自殺者数」がダントツに多いですよね?

 

交通事故死に比べても、「自殺」の方が多い。

かたや、「コロナで亡くなられた方」は、厚生労働省の発表だと、4月20日の時点で171名。

 

このことって、テレビでは、あまり報道されませんよね?

どうしてでしょうか??

 

・恐怖をあおって、国民を怖がらせた方が、視聴率が取れるからです。

 

 

 

もちろん、そうやって、「ビビらせた」方が、政府からの印象もいいでしょう。

となれば、無意識的に政府もテレビを忖度して扱います。

 

メディアも感染予防を意識しているという「視聴者へのアピール」にもなります。

 

確かに、この先「コロナでの死者数」は爆発的に増える可能性もあります。

でも、日本では今のところはあまり増えていません。

日本人が「諸外国よりも真面目に自粛している」からだとも言えるでしょう。

 

これ以上爆発的に増えないように、政府も、自治体も、テレビも脅します。

テレビに至っては「脅せば脅すほど広告料が入る」ので、どんどんやり続けます。

 

そして、あるところで、「あれ??この自粛って、いつまで続けるの?」

となるのは目に見えているのです。

 

あなたもその方が不安では無いですか??

 

ハッキリ言うと、60代以上の方以外は、そこまで多くお亡くなりになられていません。

自宅療養、隔離施設での療養で十分に対応できているのです。

 

にも関わらず、テレビは「今日は〇〇人の感染者が出ました」「〇〇人の死者!過去最高」のような、視聴率稼ぎの報道が多く感じます。

 

僕は、テレビはもっと「感染した後のケアの方法」を大々的に報じるべきだし、亡くなられてない人の話ももっと報道すべきだと思います。

 

確かに「脅せば」、自粛はきちんとできる。

でも、その分経済の動きが止まって「自殺者数」が増えてくる可能性の方が高いのではないでしょうか?

 

自粛はすべき。でも、「悪い思い込みは辞めるべき」です。

 

思い込みから全てのスパイラルが始まる【イメージとスピリチュアル】

f:id:choro0164:20200418082450j:plain

この世界の姿はすべて「思い込み」から始まります。

 

僕のブログでは、何度も書いているように、世界に「ありのままの姿」などありません。

あなたの潜在意識が勝手に「世界ってこんなところだよね」と、認知しているだけなのです。

 

つまり、「コロナって、めっちゃやばいよね。みんな死ぬらしいよ」と、テレビの報道を鵜呑みにして、みんなが情報拡散すればするほど、「世界は死に近づいている」と全員が思うでしょう。

 

 確かに欧米では死者は増えています。

それでも、「アメリカでは致死率5.3%」です。

 

 自覚症状も無く、検査を出来ていない人もめちゃくちゃいるはずなので、どんどん致死率は下がっていくでしょう。

 

ましてや日本国内では「そんなに死んでいない」のです。

この「コロナにかかったらみんな死ぬ」という思い込みは辞めるべきです。

 

もし、あなたが「幸せな未来」を生きたいのであれば、絶対によくありません。

確かに「急激な感染拡大」での医療機関のパンクは防がなければいけません。

 

しかし、「かかったから死ぬ」という思い込みだけは良くないです。

80%以上の場合は自宅療養でも治ると言われています。

 

ここで、多くの国民が「コロナってそんなに怖くはないね」と思いながら、自粛生活をすることが出来れば、一気に幸せな未来が始まりだします。

 

スピリチュアル的には「イメージ」→「現実化」の流れは絶対なのですから。

 

多くの人の思い込みが変われば世界は幸せになる

f:id:choro0164:20200417075502j:plain

一人でも多くの人の思い込みが変わると、世界は幸せになります。

 

「この世界ってめっちゃ幸せなところやん」

 

「コロナって怖くないね」

 

「まずは免疫力を高める行動をしておこう」

 

これくらいに、気持ちが前を向けていれば、確実に幸せな未来はやってくるでしょう。

僕も、「なるべく人に合わない範囲」での外出を行っています。

スーパーでも「お金を使って経済活動」をしてきました。

コンビニでも、「なるべく早く買い物を済ませ、お金を使っています。」

 

 

 コロナで「人類はみんな死んでしまう」という思い込みは早くやめましょう。

今起きている「コロナでの差別」も、全ては「コロナで死ぬ」という思い込みから来ています。

 

政府やテレビ局は「発言の責任を取りたくない」があまりに「極端な情報」ばかりを送り続けているのです。

 

医療機関をパンクさせないように時間稼ぎを「国民全員で協力して行いながら」、悪い思い込みを減らしていく。

 

この方法で、あなたは幸せになれます。

 

生活保護があるのに言わない政府【悪い思い込みの始まり】

f:id:choro0164:20200417070649j:plain

 先日、NHKから国民を守る党の「立花孝志さん」の動画を見ていたのですが、立花さんが言われていたことをシェアしたいと思います。

 

” 政府はどうして、生活保護を受けれることを言わないのか? ”

 

 日本には「お金ゼロ」になっても、生きていける制度「生活保護」があります。

 

あなたも絶対にもらえます。

僕もこの先「収入ゼロ」になっても確実にもらえます。

 

なのに、政府は言いません。

「財源に困るから」です。

もしくは、「経済が回復しても働かない人」が増えてしまうのが怖いから。

 

でも、生活保護を受給しても「最低限度の生活」が保障されるだけなので、ちょっとでも働いた方が、裕福な生活は出来ます。

 

そんな心配は少ないのにもかかわらず、、、国民におすすめはしないのです。

もう一つの理由は「国会議員や官僚の給料が減る事が嫌だから」です。

 

国民がどんどん生活保護を受給すれば「国会議員や官僚」は、自分たちの給料の為の財源がどんどん減るでしょう。

 

・自分たちの給料を守る為に、生活保護をおすすめしない

 

 

 これはまさに「不幸な思い込みを増長します。」

「生活保護があって、この日本って国、めっちゃ幸せやん!!」

と、思い込みを変えられる大きなチャンスなのに、その後の事を怖がり過ぎて、言えません。

 

何度も言いますが、、

 

・思い込みが幸せな未来を連れてきます

 

 

 あなたが、幸せになりたいのであれば、どんどん今の「コロナやお金の悪い思い込み」を捨てて、「幸せなイメージ」を持ち続けましょう。

 

今日も、石田ひさつぐさんは、「思い込みを変える方法」をされています。

 

 

とても勉強になります。

 最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「思い込みこそ、あなたの幸せな未来を連れてくる」というお話をしました。

 

テレビが発する「悪い思い込みの為の情報」は話半分に聞いて、今は「幸せな思い込み」をギュッと握りしめ、自粛生活を楽しむべきだと思います。

 

あなたの未来は間違いなく明るい!!

そう思います。

【スポンサーリンク】