ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

神戸旅行記5(なんちゅーか、中華街)

おはようございます。

ちょろです。

神戸旅行も2日目。最終日です。

そして、旅行記の記事も5記事目。長くなってきましたーー!

2日目の予定。

・有馬温泉からの出発

・生田神社へお参り

・三宮でショッピング

・南京町で中華を立ち食い

・おしゃれなカフェでスイーツタイム

・疲れ果てて帰路へ

のシンプルな予定です。

ただ、朝9時半の出発から夜の8時半まで神戸にいる予定なのでめちゃくちゃ遊べますw

 

とりあえず、有馬温泉を出発です。

朝5時半に起床。美しい朝日を拝みました。

f:id:choro0164:20190409063401j:plain

そして、朝食。

お部屋まで持ってきてくれるという事で朝から部屋食です。

 

f:id:choro0164:20190409063515j:plain

朝食もおしゃれすぎんだろー。神戸。

想像では、卵焼き、焼き鮭、納豆、みそ汁、味付け海苔

くらいかなー。って思ってたのですが、、豆乳鍋を朝から頂くことになってしまいました。沢山あるけどあっさりしてるから完食できました。

まじでおしゃれなメニューばっかりです。

 

さて、というわけで、朝からもう一度温泉にも入りまして、いざ出陣です。

 

ちなみに、神戸旅行記1の記事をこちらへ貼っております。ここから読んでね。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

朝の光がパワーをくれる

旅館から出て、元気に街まで下ります。

f:id:choro0164:20190409064209j:plain

朝の光は幸せホルモン「セロトニン」をどばどば出してくれます。

朝日を15分浴びればその日一日は幸せ状態。

感情に支配されにくくなります。

しかも、このセロトニンの凄いところが、、、

「寝る前になると睡眠ホルモンメラトニンに変化する!」

という驚異の能力です。素晴らしすぎるセロトニン。

朝からセロトニンが増やせなければ、一日中分泌量が増えることはあまり無いのでなるべく朝日を浴びましょう。

 

そして、幸せ状態でいざ三宮へ向かいます。

縁結びの神様生田神社

まずは、駅近くの「生田神社」へ。

f:id:choro0164:20190409064833j:plain

桜が美しいです。

飲み屋街の中にいきなり現れる神社。

縁結びの神様で有名な神社ですね。

(真正面から撮った写真を無くしてしまったので、横の稲荷神社の桜をお楽しみください)

もし、初めて行かれる方は、、

「え?マジでこんなところに神社あるの?完全に飲み屋街の方だけど。」

と思われずに地図を信じて進んでください。

僕は、信じ切っていたので目の前に現れました。

マジビックリです。結構大きな神社がこんなところに。みたいな感じ。

 

奥に行くと大樹を発見。

生田の森というのかな??何本も大樹がありました。公園もめっちゃ整備されていてすごく素敵なところでした。これはパワーを頂けます。

f:id:choro0164:20190409070119j:plain

なんと樹齢は1000年近いのだそうです。

幾多の戦火から逃れて今を生きているんだそうです。

 

f:id:choro0164:20190409070347j:plain

人間も樹もエネルギーの塊という点では一緒。

つまり、この樹は僕のおじいちゃんのおじいちゃんのそのまたおじいちゃんの・・・遠い昔からこの日本を見続けてきているんですね。

その時代ごとの人の暮らしを感じ、大地の変化を感じ、地球のパワーをもらって生きているんだろうと思います。

見るだけで不思議なパワーを感じることが出来ました。

(屋久杉を見に行ったことが無いので必ず行きます。近いうちに行きます)

生田神社でパワーをもらった後は、、、

 

いざ三宮ショッピング

f:id:choro0164:20190409070929j:plain

朝。誰もいない街です。

 

ぶらぶら歩いて、、疲れました。

 

f:id:choro0164:20190409071148j:plain

そして、路地裏なんかも見たりして、、

 

f:id:choro0164:20190409071220j:plain

結構裏通りに名店が多いです。

え??こんなところにお店がこんなに沢山あるの??っていうくらいに裏通りが面白い街です。

 

そして、お腹もちょっと空いてきたので南京町、中華街でちょい食い。

 

中華街。南京町。

f:id:choro0164:20190409071519j:plain

神戸港からの華僑の流入で街が出来たんだって。

横浜の中華街の約1.5倍の華僑の人が暮らしている街です。

神戸の街は本当にいろんな人を受け入れてくれる器の大きな街ですね。

この中華街は今はほぼ観光地化されています。

観光で食べ歩くにはもってこいの場所です。

しかも、本当の中国のお店に近いと感じました。

強引な感じに中国の方のパワーを感じて幸せになりました。

(結構アジアが好きなちょろです)

f:id:choro0164:20190409072248j:plain

豚の角煮バーガーを食べ。

北京ダッグを食べ。

立ち食い立ち食いです。

もちろん、屋台といえばこれ!!

f:id:choro0164:20190409072354j:plain

昼間からこれです!!

観光客の特権です!!フリーターの特権です!!ニートの特権です!!

青い空と人々の熱気と生ビールが最高に合います。

これに敵うものはありません。

マジで中華料理とぴったり合います。

 

そして、この旅で内心一番気になっていたのがこちら。

小籠包!!

f:id:choro0164:20190409072227j:plain

中華街で何とかして必ず小籠包を食べようと決めていました。

 

もうね、、肉汁がやばい!!!

この酢醤油と肉汁のハーモニーが最高です。

味付けは日本人にぴったりの味付けになっていました。

こんなところでも華僑の人々の「商売上手さ」を知ることができますよね。

アジアの方々の生命力は本当に凄いです。

生き抜くために最善の知恵を絞ってサバイブされています。

僕はアジア諸国のそういうエネルギーが好きなんだと思います。

 

日本では生きる事は当たり前。何もしなくても生活は保障されています。

もちろん、働いて所得を増やせばどんどん出来ることは増えていきますが、働かなくても、働けなくても死にはしません。

でも、外国では必死になって生きている人がいます。生きる事だけに必死です。

日本という幸せな国に産まれたことを今一度「有難い」と感謝して今日を大切にしなければいけないな。と改めさせられました。

f:id:choro0164:20190409073526j:plain

食べていける、生きていける、どんなやりかたでも必死に毎日を生きる。どこでもいいんですわ生きていけるなら。それだけのパワーが僕達にはあるし、地球はエネルギーを分けてくれています。

街全体からエネルギーをもらって、僕はとても元気になれたような気がします。

f:id:choro0164:20190409073720j:plain

ハトも生きる為に必死で餌をもらおうとしています。

みんな必死。でも苦しくて頑張ってるわけじゃなくて心のどこかで楽しみながら生きています。

そりゃ生きていれば苦しい事も悲しい事も沢山ありますが、それを忘れるくらいに毎日を楽しんで生きていけたらいいと思う今日です。

 

それだけの無限の可能性を持っているのが僕達人間です。

例えお金が無くなっても生きていればなんとかなります。

生きていればお金は空気の様に目の前にありふれているのです。

お金に踊らされることなく心の平安を持って、毎日を楽しんで生きていきたいと思います。

死ななければ全て大丈夫なわけです。

 

では、長い記事になりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回で神戸旅行記も最終回です。

 

【スポンサーリンク】