ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

プチ断食がおすすめの5つの理由

おはようございます。

ちょろです。

9日の夕方17時以降約36時間何も食べていません。

プチ断食実行中です。昨日は「水」と「ブラックコーヒー」のみで過ごしました。

f:id:choro0164:20190411054458j:plain

結果的には「あ、これいいわーーー。」という感じです。

そして、後程久しぶりの固形物を頂こうと考えております。

今回はなぜ「プチ断食がいい!!」と感じたのかをまとめていこうと思います。

 

1、胃腸と脳が休めてる感じがする。

まずは臓器の「休めてる」感です。

24時間くらいの経過の時点では「うーん。意外と食べなくても平気だなー。」

くらいの感覚だったのですが、さらに4時間後。「あ、胃腸の動きがあんまり無くなってる。」感じがします。

そしてその後は、体感的には「体と脳が無駄な情報をシャットアウトしだしてる」というような感覚になりました。

脈拍もゆっくりに落ち着いてきて、目の前の現実に意識がフォーカスしているように思えます。普段気にならないような体の感覚だったり、外部の匂いだったり、が必要なところだけ感じられるようになりました。

そして、ずっと読書をしていたのですが、「本を読むことに集中できる」そんな感じになりました。

 

2、集中力が高まる

前述しましたが、とにかく集中力が研ぎ澄まされます。

普段気が付かないことに気が付いたり、思いつかないような事を思いついたりできました。アーティストの人がたまに断食をするのもありなんじゃないかな?って思えました。

自分では今まで気が付けなかったことに気が付いて、新しい物を産み出す一つのきっかけになりそうだと思えました。

そして、「自然と普段よりネットから遠ざかる」ことが起こりました。

つまり。あれです「飯テロ画像見せるな!」という心の叫びを感じますw

普段何気なく飲んでいる「水」や「コーヒー」がめっちゃ美味しく感じるのも集中力が研ぎ澄まされているからかもしれません。

マジで人間の体って凄いです。

 

3、時間を有効的に使える

えーと、食事の時間。朝が15分。昼が20分。夜は晩酌含め90分。

合計で約2時間。2時間もの時間が節約できます。

ブログを書くなり、軽いストレッチをするなり、仕事をするなり、ゲームをするなり、軽いウォーキングをするなり、沢山の事が出来ます。

まさに「時は金なり」を体感できます。

しかも、夜の時間になると本を読んだり、ブログを書いたりなどのことに集中しやすい感覚に突入しているのでまさに「賢者モード」に突入します。

(空腹との戦いを過ぎれば賢者モードです)

いつもなら時間に追われて「なんでこんなに時間が早く経つんだー。」ってところが、

「あれ?時間余っちゃってるな。本でも読むか。」という感じに変わります。

 

4、デトックスされてるのを実感出来る

先程、トイレに行っておしっこをしましたが、「普段よりも色が濃い。」

(お食事中の方申し訳ありません)

要は、体の老廃物を腎臓が尿にしっかり溶かしてる証拠です。

昨日は何も食べていないわけですから、それ以前に体に溜まっていた不要な物が体外に排出されているという事。

まさにデトックスです。体のお掃除をしています。

後で、大きい方も行く予定ですが、他の方の記事を読む限りでは「宿便」なる腸にこびりついた不要な便が体外に排出されるとのこと。

腸まで元気になってくれます。しかも、腸内環境が改善されると、「自律神経のバランス改善でセロトニンが大量分泌」や「免疫力の改善」が起こるようになります。

マジで、幸せな事しかないですね!!腸が人間の体にもたらす恩恵は凄いです。

そして、僕は昨日10000歩程度の軽いウォーキングをしたのですが、この間にも多少は脂肪の燃焼が起こってるらしです。

というか、、「歩いてないと寒いわ!!」ってくらいに体感温度が下がってきます。

人間の体って本当にうまく出来てることを実感できました。

 

5、夜よく眠れる

断食前のイメージでは

「お腹空いて全然眠れないー。」

だったのですが、実際に昨日寝てみると

「あれ??いつの間にか寝てた。」

でした。普段は晩御飯を食べて、胃腸が「まだ寝るなよー。」って言ってる時にガンガンに寝ています。なので断食中は胃腸が「お、今日は俺も一緒に寝るぜ!」って感じで一緒に寝てくれます。

しかも、臓器にずーーっと指令を出し続ける脳も「あ、今日は俺も寝ちゃうか。」というような感覚で一緒に寝てくれます。

風邪薬飲むとぼーっとして眠くなる感じがあるじゃないですか?それが近い!!

凄くナチュラルに眠くなります。

人間の本来の能力で眠りにすーーーっと入ってる感じになれました。

朝も「ん?もう朝か。いやーぐっすり眠れたなー。」って感覚になれます。

ずっとベッドに居たいくらいに寝ることが気持ちよくて起きた時の爽快感が半端ないです。

 

そして、臓器や脳はしっかり休んでるので体が健康になった気分になれます。

ちなみに前述しました通り「昨日は10000歩のウォーキング」をしています。

この軽めの運動がこれまた夜の心地いい眠りを作り出してくれたのかもしれません。

 

最後に

元来人間の体って1週間くらい固形物を食べなくても生きていけるようになってるそうなんです。現代人は欲にまみれて沢山の食べ物を摂取しすぎなのかもしれませんね。

(食べ物の誘惑で商売を繁盛させて、景気をよくしてるってのもありますが。)

とにかく、本当は必要ない事をして体と脳に無理をさせているのは事実です。

体中の素粒子がデトックスされると潜在意識へのアクセスもしやすくなるのが自然です。余計な事に煩わされにくくなってもっと僕達が本来感じるべきことを感じやすくなるはずです。

僕は月に1度でも。2か月に1度でもいいので今後も継続していこうと思います。

どうせ生きるなら幸せな生き方をしたいですものね。

 

皆さんも「プチ断食」たまにはいかがでしょうか?

 

【スポンサーリンク】