ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

日清カップヌードルのシーフードはまさにスピリチュアルだった

おはようございます。

ちょろです。

 

皆さんはカップヌードルはお好きですか?

僕は大好きです。

 

特に好きなカップヌードルはございますか?

僕は何と言ってもシンプルな「日清カップヌードル」が大好きです。

 

その中でも、僕がスピリチュアル的なパワーさえ感じてしまうのが

「日清シーフードカップヌードル」です。

 

何と言うのか、カップヌードルから物凄い情熱的なパワーを感じさせてくれるのがこの「日清シーフードカップヌードル」なのです。

全てから溢れ出るオーラのような物が心を突き動かします!!

 

では、この日清シーフードカップヌードルのどこに魅力を感じるのかを記事にしていきます。

 

日清カップヌードルはなぜうまいのか?

f:id:choro0164:20190627221621j:plain

日清カップヌードルと言えばこれです。

しかももう、既にお湯まで入れて食べれる状態になっています。

 

今回僕が心からおすすめするのがこの写真の「日清シーフードカップヌードル」です。

見てください。この情熱的なフォルム。

パッケージの配色。チープな感じの麺。

スープが絡みやすくするために改良を重ね続けられていることが一目瞭然です。

 

ちなみに、このカップが「熱を伝わりにくく」してあるので、手で抱えた時に熱くありません。

 

なぜ、日清のカップヌードルはここまでうまいのでしょうか?

それは、歴史です。

 

日清カップヌードルの誕生は1971年です。

今から約50年前に誕生しています。

同社の日清チキンラーメンを丼に砕いて入れて、フォークで食べたというのがきっかけで考案された商品ですね。

カップラーメンのトップバッターとして世界に君臨しています。

 

この歴史は日清カップヌードルにここまでスピリチュアルなパワーを注ぎ込んだ要因の一つではないかと思います。

 

まさにシンプルな商品から溢れ出るパワーで人の心を鷲掴みにしています。

 

少なくとも僕の心は完全にノックアウトです。

 

長い歴史の中で幾度ものアップデートを繰り返された日清カップヌードルですが、一つだけ変わらない物があります。

 

「シンプルイズベスト」

 

です。このシンプルさは何年たっても全く変わりません。

 

そして年々シンプルさに深みがかかっているように感じます。

長い歴史の中で常勝し続けるには、シンプルさと不断の努力が垣間見えます。

 

実にシンプルでうまいカップラーメンです。飽きません。

 

シーフードの具材からパワーを感じる

 

f:id:choro0164:20190627223831j:plain

海を泳ぐ魚。

パワフルですねー。元気です。

 

この魚のスピリチュアルパワーを閉じ込めた物。それが「日清シーフードカップヌードル」です。

 

もちろん、本物の魚が入っているわけではありません。フリーズドライ化されたタコのような物が入っているだけです。

しかし、日清食品さんがこの「シーフードの具材」にどれだけ情熱を掛けられているのかは食べてみると非常によく分かります。

 

シーフードの旨味が一口目から口の中に広がります。

 

しかも、固すぎず柔らかすぎず「適度な食感」に仕上げてあるところがめちゃくちゃ凄いところです。

 

 おそらく、製品を作られる研究段階で血のにじむような努力をされたことがシーフードの具材を見て食べただけでよく分かります。

まさにスピリチュアルパワーです。

 

ここまで手の込んだ具材と本気の情熱が入ったカップヌードルが人気にならないはずがありません。

 

麺とスープだけではない、シーフード具材がシンプルにうまいのです。

 

この具材も多くの種類が入っているわけではありません。実にシンプルです。

シンプルな具材で飽きの来ない味付けをしていらっしゃるところについつい継続して買ってしまう不思議なスピリチュアルパワーを感じることが出来ます。

 

恐るべし、日清食品です。

シンプルな物で人の心を掴む達人の領域ですね。

 

 

麺とスープとシーフードからスピリチュアルを感じる

f:id:choro0164:20190627224726j:plainどうですか?この中身。

シンプルな麺。深い味わいのシンプルなスープ。そして、情熱をしっかり注がれた具材。

 

この三つが見事に合わさって「スピリチュアルパワー」を創り上げているのが、まさにこの「日清シーフードカップヌードル」なのです。

 

シンプルな精鋭たちがタッグを組んで僕達人間の舌に襲い掛かります。

 

ここまで真剣に僕達の脳を揺さぶろうと思っているのですからこれでまずいはずがありません。

 

うまい!!

 

思わず脳はそういう言語を発する指令を送ってしまうでしょう。

僕は毎回食べる度に叫んでしまいます。

 

うまい!!

(ミスター味っ子の味王のように、、)(詳しくはググって下さい)

 

シンプルな三つの精鋭が合わさる時にこれまでにない「スピリチュアルパワー」を感じてしまうのは言うまでもありません。

 

僕達の目には見えないパワー。

そのパワーが僕の舌と脳と体全身を突き動かします。

心はハッピーになり、幸せな感情がどんどん溢れ出てきます。

幸せホルモンのドーパミンがドバドバ溢れ出てきます。

 

僕達はうまいカップヌードルを食べたいだけではありません。

うまいカップヌードルを食べて幸せな気分になりたいのです!!

 

日清食品さんの溢れ出るスピリチュアルパワーに僕はもう虜になってしまいます。

幸せを感じさせる日清シーフードカップヌードルは恐ろしい食べ物です。

 

シンプルな味から情熱を感じることが大切

 

f:id:choro0164:20190523105307p:plain

シンプルなカップヌードルからほとばしる情熱。

まさに目に見えないスピリチュアルパワーです。

 

このたった20cmの食べ物から物凄い情熱のエネルギーを感じることが出来ます。

この情熱に突き動かされるために僕はいつも日清シーフードカップヌードルを買うのです。

ただ食べてお腹を満たすためだけではありません。「情熱を感じたい」のです。

 

ちなみに、以前は「マクドナルドのシンプルなハンバーガー」からも情熱を感じていました。過去記事を参照ください。

www.choro0164-iyashibeya.site

日清シーフードカップヌードルもマクドナルドのシンプルなハンバーガーも根っこの部分は一緒です。

 

シンプルイズベストな作りで僕達の脳を揺さぶりたい

 

これだけです。

シンプルな食べ物だから「情熱」を注ぎ込んだ時に発される「スピリチュアルパワー」が物凄いのです。

 

パッケージを見ただけで食べたくなったりしませんか?

麺をすする自分の姿を容易にイメージ出来ませんか?

マクドナルドにしても同じです。

紙のフィルムを剥がしたときのワクワク感を感じませんか?

ハンバーガーから溢れ出るスピリチュアルパワーを感じませんか?

看板を見ただけで心がワクワクしませんか?

 

どんな物でもきちんと「情熱」を注いで作り込めば食べる人には伝わるものです。

 

情熱と言えばこちらの方。「ナオキ・ニシガキ様」

www.naoki-nishigaki-dokuritsu.com

この人は相変わらず熱いです。暑苦しいです。でも大好きです。面白いブログ。

 

どんなに料理が下手な人でもレシピを見ながら真剣に作れば想いは伝わります。

プロのような味に仕上がらなくても人を元気にする不思議なパワーは伝わるものです。

 

僕はこの日清シーフードカップヌードルを食べる度にその「パワー」をめちゃくちゃ感じます。

何度も言いますが、

 

シンプルイズベスト

 

です。シンプルな作りが人の心と脳を動かします。

 

シンプルから「情熱」を感じてください。

 

最後に

これからやって来る超高齢化社会。

消費は先細り、物は売れにくい時代に更になっていきます。

その中で、シンプルな物で心を動かすもの。

そこに人は価値を感じ、ワクワクを感じ、スピリチュアルパワーを感じます。

 

日清シーフードカップヌードルはまさにそんな食べ物なのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【スポンサーリンク】