ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

日本人が思うように仕事は苦しくて辛い物なのか?

おはようございます。

ちょろです。

 

皆さんは毎日仕事を頑張っていますか?僕は頑張っています。

といっても、フリーランスで活動中ですので自分のペースで仕事をしている状態です。

 

しかし、フリーランスというのはサラリーマン以上に過酷で苦しい物です。

サラリーマンの方がどれだけ楽でしょうか。

 

日本人は「仕事は苦しくて辛い物」と勝手に決めていますが、それって本当なのでしょうか?

苦しくて辛い思いをした対価が「賃金」だと決めていますが僕はそうは思いません。

苦しいと思っている日本人がいるだけで、本当は「苦しければ全てを手放して辞めればいい」それだけです。

 

「全てを手放す選択よりも今の苦しいと感じる仕事の方が好き」

 

この理由で仕事を続けているだけなのです。

僕はサラリーマンの時よりも今の方が楽しいです。

自由な時間を持ち、自分で全てを構築していくことの素晴らしさはフリーランスにしか味わえません。

 

前置きが長くなりましたが記事へと進んでいきます。

 

苦しくて辛い思いをした対価が賃金ではない

f:id:choro0164:20190809065336p:plain

日本人は勝手に「苦しい想い」をすれば賃金が貰える。

と思い込んでいますが、それは真実ではありません。

苦しい想いをしなくても賃金は貰えます。

 

あなたの提供するサービスに誰かが価値を感じれば必ず賃金は貰えるのです。

 

ポイントとしては「あなたが自分の価値に気が付いていない」ということなのです。

 

・自分にはこれくらいの価値しかないから苦しい想いをして賃金を貰うしかない

・自分はなにをやってもダメだから苦しい事を我慢すればお金がもらえる

・苦しくない仕事はダメだ

 

あなたが、自分の価値に気が付かない限りは一生その「苦しい事=賃金」の図式は変わりません。

日本人は「楽して賃金を貰う人=悪人」のようにも感じていますが、それは真実ではありません。

「楽して賃金を貰う人=めっちゃ有能な人」です。

 

楽して人の役に立ってその適正な対価を貰っているのですから全く悪くは無いです。

その「楽している人」はきちんと自分の価値に気付いている人です。

「自分はこれだけの有用なサービスを提供するだけの価値があるんだ」

と自分で信じています。

自分で自分の価値を信じない人のことをなかなか他者が「あなた価値があるわね。お金あげるわ。」なんてなりにくいのが普通です。

 

苦しい事を我慢したから賃金が貰えているのではなく、お客様の役に立ったから賃金が貰えている。それだけですね。

 

人手不足で苦しくて辛いなら辞めるが勝ち

f:id:choro0164:20190809071158j:plain

苦しい思いをした対価が賃金だと思っていれば自然とその会社は

「万年人手不足」になるでしょう。

 

万年人手不足の会社は実は「世の中には必要ない会社」です。

大量に人を雇いたいけれどそれに見合う賃金を払うとビジネスとして成り立たない。

だから、今の「人手不足な状態」で経営をしていくしかないのです。

 

会社自体が自分の価値に気が付いていない為誰も集めることが出来ませんし、事業そのものを辞めるという決断も出来ていません。

 

もし、あなたが「会社が人手不足で辞められない」と思っていてあなたは「辞めたい」と思っているのであれば一刻も早く「退職届」を書きましょう。

 

本気で辞めたいと思っていればそれくらい簡単に出来るはずです。

 

退職届を2~3通ほど書いておきます。

1度は直属の上司に出します。そのまま受け取ってくれればOKです。

しかし人手不足を理由に断られたり破り捨てられた場合、、

 

「本部に内容証明郵便を使って本部に直接送る」

 

という方法があります。

本部の人事部に直接送って2週間で出社する義務はなくなります。

それでも何の音沙汰も無ければ、

 

「労働基準監督署に相談に行く」

 

という最終手段もあります。

万年人手不足であなただけが辛い思いをする必要はありません。

本気で辞めたいのであれば今すぐに行動を起こしましょう。

 

ただ、人手不足というのは「会社内に競争相手がいない」という逆の発想もできるので、「あなたがどんな判断を下すのか?」がとても重要ですね。

(僕は上手く会社を利用して辞めましたが)

 

お客様が神様だと思っているのは日本人だけ

f:id:choro0164:20190602083057p:plain

お客様が神様だと思っているのは日本人だけです。

お客様は神でも仏でも何でもありません。

 

ただの人間です。

 

サービスを提供する価値のある人とサービスを受け取る価値のある人が対等にお金とサービスを交換しているだけなのです。

サービスを提供する方も重要ですし、サービスを受けるほうも重要。

 

双方が対等に重要なのです。

 

例えば、アメリカ人は「自分の貰う賃金で会社に提供できるのはここまで」と決めています。平気で「笑顔を一日中していたから笑顔代をくれ」と言ってきます。

 

日本人だけです。「無理して頑張ってお客様という神様に骨身を削ってご奉仕しなければ私に価値なんてないのよ」と思っているのは。

 

お客様だってあなたの提供するサービスが無ければ困るのです。

 

もし、あなたがそのサービスを提供することが苦痛なのであればただ「退職届」を書いて辞めればいいだけです。

本気で全てを手放してもいい覚悟があればすぐに辞めれるはずです。

 

辞める事よりも、「今の生活の方が幸せ」だから今の「苦しくて辛くてお客様は神様」の状態を選んでいるだけです。

 

お客様は神様ではありません。

 

くれぐれもこういう「人を大切にしない会社」に居座らないように注意しましょう。

www.choro0164-iyashibeya.site

生活保護の受給は全く悪くない

f:id:choro0164:20190527213408j:plain

生活保護の受給は全く悪くありません。

日本国民には憲法で 

 

”すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。”

 

と決められています。有難い憲法です。

死なないように国が守ってくれるのです。

仕事を辞めたくても辞められない人。頑張って苦しい思いをすることが賃金だと思っている人。朗報です。働かなくても国は守ってくれます。

 

働いている人の納める税金であなたは守られるのです。

僕も是非受給したい。

 

この先の日本には生活保護の受給者がどんどん増える可能性もあります。

しかし、それは真実ではありません。

 

働きたくない人が増えるという事は逆にいうと「いらないサービスが世の中から減る」ということです。

さらには「じゃあ、新しいサービスを始めようか」ということが容易になるのです。

 

今の日本国内には「不必要なサービス」が多すぎるのかもしれません。

もっともっと企業の淘汰が進むことで「苦しくて辛い仕事」はどんどん減らせる可能性が高いのです。

 

ちなみに僕は今の仕事が大好きなので苦しいけれど辞めません。

 

本気で苦しくなった時に辞めます。

 

その僕が納める税金で生活保護受給者の方を救えていると思うと逆にやりがいを感じてしまいます。

税金を納めるだけで人を救っているようなまるでヒーローのような状態ですよね。

 

無駄な企業が淘汰され、苦しくて辛い仕事が減って来ると、今度はまた新しいビジネスが始まります。

そこで人は「自分の価値」にあらためて気が付けるようになるのです。

無理に苦しい思いをしてお客様を神様だと思わずに賃金を受け取れるようになるのです。

 

是非本気で仕事を辞めたいと思っているのであれば、全てを投げ出して生活保護を受給してみませんか?

ちなみに、家族がいる人は貰えません。

天涯孤独になれば貰えます。それだけの勇気がありますか?

 

本気で仕事を辞めたいと思っている人は全てを投げ出す覚悟がある人です。

 

極端な話ですがそれしかありません。

お気軽に役所に相談に行きましょう。最低生活費を下回った収入の方は貰えるチャンスがあります。

 

最後に

長々と色々書いてきましたが、簡単にまとめると、

日本人が思っているほど仕事というのは苦しい物でも辛い物でもないということです。

勝手に日本人は「苦しくて辛い思いをした方が価値が高いのだ」と思い込んでいるに過ぎません。

まず、変えるのは「自分の価値を認める事」です。

 

あなたには価値があって、僕にも同じように価値があります。

それを認める日本人になっていきたいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】