ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

「潜在意識が世界を創るとは?」の意味【スピリチュアル的視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

今回は「潜在意識が世界を創る」という事について改めて書いていきたいと思います。

 

今まで散々このブログで「世界は潜在意識が創っている」と書いてきました。

キリスト教やイスラム教を信仰されている方からすれば

「何嘘言ってんの?世界は神様が創ってるに決まってんじゃん。」

と言われるでしょうし、「非科学的な事は信じない」と思われている方からすれば、

「何言ってんの?宇宙空間で沢山の星が出来た時に地球も出来てそのお陰で出来てんだよ!」

と言われてしまうかもしれません。

ではなぜこんなにも僕が「潜在意識が世界を創っている」と書き続けるのか。

 

結論から言います。

 

この世界にありのままの物など存在していないからそれを潜在意識がどう捉えるかで受け取り方が完全に変わる

 

ということです。

 

それでは具体的に記事を書いていきましょう。

 

この世界には本当は何も無いかもしれない【スピリチュアルの存在】

 

f:id:choro0164:20191207063910j:plain

この世界には本当は何も無いのかもしれません。

これまた、「何言ってんだ?」と思われる方、もう少し先を読み進めて頂きたい。

 

有名なお経「般若心経」の中で釈迦は「この世は空である」と言っています。

全く存在しないわけではなくきちんとそこにはあるけれど、その存在自体は「曖昧な物」それが「この世」なんだ、と。

 

確かに今あなたの目の前には「スマホ」や「パソコン」があり、その画面を通じて僕のブログを見て下さっています。

でもそれを「スマホ」や「パソコン」だと認識しているのはあなたの「意識」です。

 

アマゾン奥地の車を知らない原住民は車が見えない?

こんな有名な話があります。

「南米のアマゾン奥地で暮らす自動車を見たことのない原住民に車を見せても見えない」というのです。

これは「自動車が何か?」を意識が認識していなければその場にある事すら確認できない。と言われるから。

あなたは今「スマホが何か」「パソコンが何か」を理解してそれを眺めています。

だから「今の世界が正しく存在する」と認識しているののです。

 

つまりその時点で「あなたが世界を創っている」と一つ実証できるでしょう。

あなたはいつからか意識の中に「スマホやパソコン」を認知しているのです。

 

目には見えないスピリチュアルパワーがあなたの意識の周りでグルグル動いて「世界はこんな感じだよー」とあなたに伝え続けているだけの可能性もあるでしょう。

 

世界を見ているのはあなたの潜在意識

f:id:choro0164:20191207064821j:plain

あなたは何を使って世界を見ていますか?

 

「目」

 

ですよね。目という物を見る装置を使ってこの世界を見ています。

では、その装置から取り込まれた情報を「具現化する場所」はどこでしょうか?

「脳」です。その脳は「何の情報を基に具現化している」のか?

 

それはあなたの「意識」です。

 

意識が今まで感じてきたことや体験してきたことを脳の記憶装置の中に溜め込んでその情報を基に「世界を認識している」と言えるでしょう。

 

更に言うのであれば過去に全て起こった事を意識して記憶している人はいません。

赤ちゃんとしてこの世に産まれた瞬間から全ての事を覚えている人はきっといないでしょう。でも、僕達の意識はきちんと何らかの情報を得ています。

 

その情報を溜めているのが「潜在意識」です。

 

潜在意識の逆は「顕在意識」。

「今から水を飲みに行くぞ!!」と決めて行動する意識は顕在意識です。

その逆の「潜在意識」は無意識的に行動することを行っています。

 

つまり、体が勝手に反応して無意識的に起こす行動は全て「潜在意識」が起こしていると言える。

あなたはきっと毎日「何らかの無意識的行動」を起こしているはずです。

「潜在意識を通じて世界を具現化している」と言えるでしょう。

 

潜在意識のパワーは顕在意識の2万倍

f:id:choro0164:20190927071122j:plain

潜在意識のパワーは「顕在意識」の約2万倍と言われています。

 

イラストのように「氷山の一角」なのが顕在意識。(意識出来る意識)

海の下に大きく隠れているのが「潜在意識」です。

 

しかし、殆どの物事を認識するのは無意識である「潜在意識」なのでどんなに意識して顕在意識を変えようとしても世界はなかなか変わりません。

 

あなたが今まで経験した「当たり前の事」を顕在意識は疑うことが出来ないのです。

もし出来ても、潜在意識のパワーに完全に負けてしまいます。

 

だから目の前で起こっていることを「過去のデータからしてありのまま」に潜在意識が捉え続けている。

 

世界はあなたの潜在意識が創っていると言えます。

 

潜在意識を動かしているのはスピリチュアルパワー

f:id:choro0164:20190902071549j:plain

「じゃあ早く潜在意識を思い通りに動かそうよ!!」

そうあわてないでください。

 

潜在意識を思い通りに動かすことはそんなに簡単なことではありません。

何せ「あなたが意識していることの2万倍のパワー」があるのですから。

 

潜在意識はどうすれば動くのか。

 

そこに働きかけるのが「この世に存在する眼には見えないパワースピリチュアルパワー」です。

 

この世の無限に湧き出るスピリチュアルパワーはあなたの潜在意識にアクセスして力を加えてくれます。

 

人間がパワースポット巡りをしたくなる理由

現代社会では「パワースポット巡り」のような物事が流行っています。

なぜ人はパワースポットを巡るのか?

そこには「ふんだんなスピリチュアルパワー」があるからです。

誰しも「もっと幸せになりたい」と思って生きています。

無意識的に「もっと潜在意識を操って幸せになる為にスピリチュアルパワーが欲しい」と思って行動するので現代人はパワースポット巡りをすると言えるでしょう。

 

あなたの潜在意識は必ず変わります。

ただ、かなりのストレスと時間が掛かってしまうので「継続は力なり」なのです。

 

見る人によって世界が違うのは潜在意識のお陰

f:id:choro0164:20190601213042j:plain

世界は「見る人」によって違って見えています。

 

僕は今日本で暮らしていて「ほぼ平等な世界」にいます。

しかし、ヒンデュー教やバラモン教を信仰する方々は「カースト制」なる階層社会の中で暮らされていました。

今ではカースト制度は残っていませんが「その名残」は地域によっては残っていそうです。

 

日本人の僕達からすれば考えられないような事。

貧富の程度はあれど「人はみな平等」という憲法の元当たり前に暮らしている日本は幸せです。

だから「日本で暮らす日本人」と「インドで暮らすヒンデュー教の人」では全く見ている世界が違うと言えます。

 

あなたの僕でも間違いなく違います。

僕は「山口県」に住んでいますがあなたはきっと別の場所にいるかもしれませんし、同じ山口県でもこれまでどこにいたのか?何を経験したのか?は確実に「微妙に違うはず」だからです。

 

潜在意識は全ての情報を上手く具現化して今この世界を創っていると言えます。

全ては潜在意識のお陰なのです。

 

「世界が創られる」とはあなたの潜在意識の変化

f:id:choro0164:20190523185431j:plain

潜在意識によって世界が創られるというのは、

 

「あなたの潜在意識が変わる事」

 

です。

潜在意識を変えるには「ストレスパワー」を使って多くのスピリチュアルパワーを動かすことが必要になります。

 

詳しくはこちらの記事を見て頂きたいのです。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

潜在意識はただ「お願いだから変わってよー。」と一言いっただけでは変わらないのです。毎日のように繰り返してお願いをし続ける。世界は本当は「こんな感じの場所というイメージを持ち続ける」「自分は本当はもっとこんな存在なんだとイメージを持ち続ける」そのギャップによるストレスを感じ続ける、継続をしていく中でのストレスを感じ続ける事が「スピリチュアルパワーを働かせて潜在意識を動かすコツ」なのです。

 

しかし安心してください。

潜在意識を変えられない人はいません。

 

みんな「願いが叶わない」と思っているかもしれませんが、実は「潜在意識を動かす努力を途中でやめているだけ」なのです。

 

誰でも潜在意識を変えて「世界を創り出すこと」は可能。

途中で諦めないで欲しいと僕は言いたいのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「潜在意識が世界を創るとは?」にスポットを当てて書いていきました。

僕も毎日ブログを更新し続けて世界は「間違いなく変わりました。」

 

サラリーマンからフリーランスになって自由な時間とお金を手にしています。

サラリーマン時代には経験できなかったことを多く経験しているのです。

 

潜在意識は間違いなくあなたの世界を素晴らしく創り上げていってくれるでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】